内科 消化器内科(胃カメラ 大腸カメラ) 便秘診療

こんの内科消化器内科クリニック

〒001-0902 札幌市北区新琴似2条1丁目1-52
📞 011-299-4107
よいおなか
お気軽にお問い合わせください

大腸カメラ

大腸内視鏡検査  つらくない検査が可能

この検査は、大腸の中を直接内視鏡で観察し、ポリープ・癌・炎症などの病気を診断するために行います。

ご希望により鎮静剤の注射をして眠りながら検査を受けることもできます。ご本人に合ったつらくない検査が可能です。

検査機器も最新のものを導入し、精度の高い内視鏡検査を行います。さらに日本消化器内視鏡学会のガイドラインに沿った内視鏡の洗浄・消毒を行っており、感染症の予防にも万全を期しています。また、胃カメラと大腸カメラを同日に受けることも可能です(例外はあります)

検査方法手順

  1. 下剤や検査食(便を減らすための食事)を指定した方法で内服・食事してもらいます。
  2. 検査当日液体の下剤を服用していただき便がきれいになってから検査を開始します。
  3. 必要に応じ浣腸を追加します。
  4. 腸の動きを止める注射をします。
  5. ベッドに横になり内視鏡を肛門から挿入し大腸をくまなく観察します。
  6. 必要に応じて小さな組織を採取(生検)し顕微鏡検査(病理組織検査)を行います。
  7. ご相談の上、ポリープなどの病変を大きく切除することがあります(ポリペクトミー)
  8. 鎮静薬が必要と判断し使用することがあります。

偶発症

  1. まれに出血や穿孔(消化管の壁に穴が開くこと)などの偶発症が起こる場合があります。
  2. 検査のために使用した薬剤による副作用が生じる場合があります(薬剤のアレルギーなど)
  3. 万が一偶発症が発生した場合 最善の処置を取らせていただきます。

ポリープの切除について

当院では日帰りでポリープ切除をおこなっています。
ポリープの切除は、ポリープの基部にスネアというループ状の針金を
輪投げのようにかけて切り取ります。
まれに切除後に出血や穿孔(腸に穴が開くこと)が起こることがあり、
場合によっては入院や外科的手術が必要になることがあります。
入院が必要となった場合、連携する医療機関をご紹介して
入院診療が可能な体制をつくっています。
治療後1週間は消化の良い食事を心がけ、
刺激の強いものやアルコール摂取は避けてください。
また激しい運動や旅行は避けてください。

検査費用に関してはこちら
 

投稿日:

Copyright© こんの内科消化器内科クリニック , 2019 All Rights Reserved.