内科 消化器内科(胃カメラ 大腸カメラ) 便秘診療

こんの内科消化器内科クリニック

〒001-0902 札幌市北区新琴似2条1丁目1-52
📞 011-299-4107
よいおなか
お気軽にお問い合わせください

胃カメラ

上部消化管内視鏡検査 (胃カメラ) つらくない検査が可能

食道・胃・十二指腸を内視鏡で観察して診断を行う方法です。

胃の内視鏡検査は、経鼻(鼻から)と経口(口から)のどちらも可能です。またご希望により鎮静剤の注射をして眠りながら検査を受けることもできます。ご本人に合ったつらくない検査が可能です。

検査機器も最新のものを導入し、精度の高い内視鏡検査を行います。さらに日本消化器内視鏡学会のガイドラインに沿った内視鏡の洗浄・消毒を行っており、感染症の予防にも万全を期しています。また、胃カメラと大腸カメラを同日に受けることも可能です(例外はあります)。

検査方法・手順

  1. 胃の中を見やすくするシロップを飲みます。
  2. のどあるいは鼻にゼリー状の麻酔薬あるいはスプレーで麻酔をします。
  3. 必要に応じて胃の動きを止める注射をします。
  4. ベッドに横になり、内視鏡を口あるいは鼻から挿入し観察します。
  5. 必要に応じて色素を散布したり、小さな粘膜組織を採取(生検)して顕微鏡検査で診断したりします。
  6. 検査終了約1時間(生検時は2時間)より水分や食事を摂ることができます。

内視鏡検査にはまれですが以下のような合併症があります

  1. 内視鏡がこすれてできる傷からのわずかな出血。
  2. 生検による出血。
  3. 前処置の薬剤によるアレルギー(発疹、血圧低下など)
  4. 治療中の病気(脳梗塞、心臓病など)の悪化。

以上の症状が起きたときは速やかに処置いたします。

 

投稿日:

Copyright© こんの内科消化器内科クリニック , 2019 All Rights Reserved.