内科 消化器内科(胃カメラ 大腸カメラ) 便秘診療

こんの内科消化器内科クリニック

〒001-0902 札幌市北区新琴似2条1丁目1-52
📞 011-299-4107
よいおなか
お気軽にお問い合わせください

鎮静下内視鏡について

投稿日:

胃カメラ時の嘔吐反射が強い・大腸内視鏡時の痛みが強いなど、内視鏡を行うのに抵抗があったり、恐怖心があったりする方も多いかと思います。

当院では鎮静下内視鏡検査を行っており、そういった方でも苦痛なく検査を施行できており評価をいただいております。検査に際して不安もあるかと思いますので鎮静下内視鏡の流れをご説明いたします。

鎮静下内視鏡検査の流れ

  • 前処置(検査前の準備)は通常の内視鏡と同様です。
  • 検査前に点滴(薬を注入するルート)を確保させていただきます。
  • 内視鏡の処置台に横になった後、血圧測定用モニター・酸素飽和度モニターを装着します(状態を確認しながら検査を行うため)
  • 検査開始の前にルートから鎮静薬を投与し、効果を確認しながら内視鏡検査を施行します。
  • 施行後はベッドで休んでいただきます(30分~1時間程度)
  • 目が完全に覚めてから検査説明を行います。
  • 検査施行後は、当日のご自分での自動車やバイクの運転はご遠慮下さい。

-

Copyright© こんの内科消化器内科クリニック , 2019 All Rights Reserved.